ミカジョー(藤崎みか)さん

2016年07月10日

末美さんの第一印象は...「空気清浄機」でした。


初めてお会いしたのは「竹本孝之」さんのパーティーでした。

実は、以前から末美さんの事は西へライブツアーされてるミュージシャンの皆さんからお聞きしてました。
「米子でお世話になってる優しい人」
と。

パーティでテーブルが一緒でしたので思わず話しかけたのがきっかけでした。お噂通りの物腰の柔らかい口調ととても穏やかな性格の方でした。

以後SNSを通してのお付き合いでしたが、私へ電子書籍出版のお話を持ちかけてくださったことは、自分にとって大きな転機を運んで下さったのです。

末美さんは以前ライターとして活躍されてたとのこと、文章の添削ならびに話を伝える最善な方法を編集長としての御指南、ありがたかったです。

また、私自身の弾き語り山陰ツアーにおいて、各所を回られブッキングをしてくださり、いろいろとお手伝いいただいたことも感謝いたしております。ライブのブッキング等、その世界に通じてないとなかなか大変なだけに、ここでも末美さんのお人柄か?人脈の広さを改めて感心いたしました。

あとスピリチュアルな感覚からの見解なのですが、末美さんの魂は、とてもまっすぐで、スポンジみたいです。いろんなものをどんどん吸収し、批判せず、まずは受け入れる...そこが末美さんの一番の軸と思いました。そして常に心でジャッジしながら、良いものをアウトプットする、浄化装置のように...

なので、第一印象通り「空気清浄機」だったわけです。
ですが、心にはいろんな不要物が溜まります。
時々、フィルター交換でリフレッシュしてくださいね。
これからのご活躍も期待しております!


ミカジョーさんプロフィール

カウンセラー、ヒーラー、シンガーソングライター、ミュージシャン。

幼年時より、一般の人とは違った世界を見て聞いて過ごす。そこには存在しない影、俗に言う霊や光の玉、黒い煙、白いもやなど。そして聞こえるはずのない囁き、強い言葉や会話。それらを日常で同時に体感しながら生活している。
当人は、霊が見えるからと言って、お祓いや祈祷などできるわけではない。あくまでも「見える、見させられる」という感じ。
その能力を生かし、現在は予約制でカウンセリングやヒーリングで好評を博している。カウンセリングを通じて必要なのは、「満たされない感情をどうやって相手にわかってもらうか?」という件が思いの他、多い。
誰しもが持つ心の中に留めている、「負の感情」。それは、心の隅で、あたかも「腐敗物」のように異臭を放つ。それが「ネガティブ」だ。そのネガティブを、清らかなエネルギーで外へ排出させる。それがヒーリング効果であると考えている。
彼女が実践しているのは、宇宙という無限のエネルギーの宝庫から流れを呼ぶ方法。自らがパイプ役となり、エネルギーを流すことで心の中の不要物を一掃し、失われている、あたたかな愛の感情を補充していくことだ。
また、ミカジョーは自分自身が伝道者となり、メッセージ性のある曲と歌詞を弾き語るシンガーソングライターでもある。作り込む曲も、向こうの世界の方々からのメッセージを受けたのが数多く存在している。
彼女はあくまでも受け身で、先人たちが残したかった曲、伝えたい曲を「インスピレーション」というメッセージをいただきながら、これからも音楽を奏でていきたいと思っている。


電子書籍で発売した著書、「届かない想いを聞く 〜私が体験する不可思議な日常〜」が、

アマゾンの売り上げランキングで、見事1位を獲得!