源野正子(重松雄子)さん

2017年04月25日

末美さんには電子本出版の時にお世話になりました。
最初お会いした時、当時はロングヘアだったのもあり、米子で見かけない都会的なファッションにびっくりしました。

取材も丁寧にしていただき、とても楽しかったです。
末美さんが書かれた文章をみると言葉づかいも丁寧で、ネコちゃんへの愛情も深く、お人柄が感じられますよね。

髪の毛切られて、イメージ変わってらっしゃるかもしれません。

ずっとお会いしてないので、機会があればお会いしたいです。


重松雄子さんプロフィール

「食で子育てを笑顔にする会」代表。元小学校教師。家庭教育・食育コンサルタント。上級食育指導士・食育講師(NPO法人日本食育協会認定)。食養リーダー(NPO法人日本綜合医学会認定)。NRサプリメントアドバイザー(一般社団法人日本臨床栄養協会認定)。ISD個性心理学インストラクター(一般社団法人ISD個性心理学協会認定)。ジョンロバートパワーズ福岡校元講師

著書「先生の取扱説明書 困った先生が担任になったら」が、大きな話題に!

教育界 異色の出戻り先生が曝露! 
現役の先生が書いた、「先生の取扱説明書」 この本には最新の教育事情が、わかりやすいよう事例を交え、詳しく具体的に書かれています。教育に関する保護者の悩みはいろいろあり、それに対する本も出版されてはいるものの、現役の小学校先生が書いた本は少ないです。
本書は、学校との関係に悩む保護者のために書かれたものであり、保護者と先生の間に思考回路のズレがあることを鋭く指摘しています。
また併せて解決策も提案。その中のひとつ「7つの約束」は食育コンサルタントでもある著者の、食に関するオリジナルのメゾッド。
子供でも実行できる内容となっており、実際にこのメソッドを実行した事により、改善した学級の例も挙げて、やり方も丁寧に説明。
子供の成長と保護者にとっての最善策を見つけていくヒントとなるでしょう。 
この本を現役の先生方に読んでいただいた場合、「世の中の人は、自分達をそういうふうに感じているのか」と考え、ご自身に置き換えることで、明日からの教育現場での参考にもなる内容となっています。
先生という仕事に対してちょっと距離を置いた、いわば第三者的な、客観的視点で書くことで、自分への反省と現場で頑張っている教師仲間への応援も込められています。